『街道をゆく』㊸読了

171004j.jpeg
『街道をゆく㊸濃尾参州記』読み終えました
本文は91ページでした
週刊朝日の連載は1996年3月15日号が最後だったようです
司馬さんはもっと書き続けられたかったでしょうね
私も読み終えたという感じより
もっと読み続けたいという気持ちです
昨年の7月に読み始めて一年あまり
良く続いたものです

「へえ~」「ほお~」「ええっ!」と
興味がどんどん広がりました
そして「ふふふ」って笑えた場面も
いろいろありました
魅力にあふれた司馬さんの語り口のおかげで
興味が持続しました
また、
一歩先を読み進んでいる
同好の友がいたことも励みになりました


嬉しいことに鴻池新田会所で先月末「須田剋太展」がありました
土曜日に行ってきました
「河内みち」の挿絵16点と抽象画などが展示されていて
間近でゆっくりと鑑賞することができました
観心寺の仏像や若江村の祭りの絵が印象にのこっています

この日は午後梅田に出て大丸で開催されていた
「MINIATURE LIFE展 ―田中達也 見立ての世界―」もみました
こちらは「ひよっこ」の影響大で一時間待ち
まって待って、みました
あっと驚く発想で面白かったです

9月に読んだ本

『街道をゆく』は3冊読みました
『㊵台湾紀行』・・・人との出会いが感銘深く台湾の厳しい歴史について考えさせられるところ大でした
『㊶北のまほろば』・・・青森へ行きたくなりました
『㊷三浦半島記』・・・平家から鎌倉幕府へ歴史の大きな流れに改めて興味を覚えました
読めば読むほど初めて知ったことや歴史の不思議さを面白く思いました
あと一巻を残すばかりになりました
読み終えるのが惜しい気もします

〈その他9月に読んだ本〉
・『病気にならない15の食習慣』 日野原重明・劉影
 反省することばかりでした

・『ガール』 奥田英朗

・『夜鳴きめし屋』 宇江佐真理

・『観光バスの行かない・・・・・・』 岡部伊都子
1960年代に書かれた本です
その当時観光バスの行かない埋もれた寺を訪ねた紀行文です
今では有名な寺、浄瑠璃寺、当麻寺、永観堂、室生寺など20以上の寺が取り上げられています
寺や仏像の良さや美しさをかくだけでなく、鋭い眼で見たこと感じたことを書いています
生き方と視方とは一体のものなのですね
取り上げられた寺の仏さまに会いにいつか行きたいものだと思いました

ドングリ

170924d.jpeg
風のおくり物かしら葉つきのドングリが落ちていました
ドングリが落ちていると童心にかえって
嬉しくなって拾ってしまいます

夫が奈良漬けの漬けかえをしてくれました
部屋中酒粕のいい匂いが充満です
まだあと2回くらいは漬けかえないと
塩辛くて食べられません
夫のほうがまめで上手なので
私の出番はありませんです
感謝です

カンレンボクの実

179024.jpeg
日曜日に植物園へいきました
蓮の花托販売の日でした
まだ残っていたので絵手紙モデル用に買いました
「穴の大きいのから売れるのよ」
と来ていた人が話していました
手芸用にはそのほうがいいのでしょうね
持って歩くとカサカサと
実の中で種が踊っている音がしました

さてカンレンボクという木に
実がたくさんなっていました
小さなバナナを寄せ集めたような形が面白くてかきました
これからはいろんな木の実が実るので
それを描いて歩くのもいいかなと思いました

じゃが芋の芽

170923j.jpeg
久しぶりに肉じゃがを作ろうと思って
箱を開けてびっくり
60個ほど残っていた小さなじゃが芋全部に芽が出ていました
5月に収穫して
大事に少しずつ食べてきたものです

今じゃが芋を植える時期だそうで
約束のようにちゃんと芽をだしたのですね
植物の力って目立たないけれどすごいわ
でもね私には困ったちゃん
二個だけ観察用に残し
あとは全部芽をとりました
ぷっくりとかわいい芽です
«  | ホーム |  » page top