7月に読んだ本

今月面白かった本が2冊ありました
『政と源』 三浦しをん
性格は正反対だけれど幼馴染シルバーコンビの泣き笑い
二人そろえば向かうところ敵なし?かな
終盤で政が家出している妻に絵手紙かくところもお気に入りです
『カンパニー』 伊吹有喜
リストラされそうになりバレエ団の公演のために出向した中年会社員の奮闘です
妻に家出されてしまうし、
縁のなかったバレエ団でなれない仕事にベストを尽くす
不器用な主人公を応援したくなります


『街道をゆく』は3冊読みました
㉞『大徳寺散歩、中津・宇佐のみち』
㉟『オランダ紀行』
同行の人たち、オランダで出会った人たち、また歴史上の人物などの記述が多く興味深く読み進みました
㊱『本所深川散歩、神田界隈』
今では想像もつかない江戸明治の東京の様子を面白く読みました
明治の塾に現在の大学の源流があることや
大きな志をもった人々がいたことなど感心しながら読みました

〈その他読んだ本〉
・『満月の泥枕』 道尾秀介

・『みんなのうた』 重松清
三度受験に失敗し故郷に帰った主人公の女性が家族や地元の人たちのなかで変わっていきます
心あたたかくなる読後でした

・『絶望の名人カフカの人生論』 カフカ 頭木弘樹編訳
 興味深い人物とうか、そこまで悲観的にならなくても・・・と慰めたくなるようなカフカさんです
でも、結局は自分のことは嫌いじゃなかったのでは?と思いました
面白かったのでカフカの小説『変身 掟の前で 他2編』も読みました

・『Bの戦場 さいたま新都心ブライダル課の攻防』 ゆきた志旗

・『わたしたちは銀のフォークと薬を手にして』 島本理生

・『生きてるだけで100点満点 99歳のぼくから君たちへ』 日野原重明

絵がいっぱいのながめるだけでも楽しい本も読みました
・『カワイイおばあさんの「ひらめきノート」』 田村セツコ

・『ねないこはわたし』 せなけいこ

暑くて家籠りのおかげでたくさん本が読めました

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | ホーム |  page top