FC2ブログ

プロフィール

あーりん7

Author:あーりん7
絵手紙のおかげで毎日が発見
絵手紙を楽しんでいます


最近の記事


最近のコメント


月別アーカイブ


カテゴリー


FC2カウンター


フリーエリア

http://blog-imgs-36.fc2.com/a/k/e/akepetegami/10127h.jpg

ブログ内検索

まとめ

5月に読んだ本

印象深い本を読みました
『太陽の棘』 原田マハ
戦後の沖縄に赴任したアメリカ軍の精神科医と沖縄芸術村の住民たちとの出会いと響きあい
敗戦にもつぶされなかった芸術村の住人たちの
ほとばしるエネルギー、
プライドと怒りと悲しみ、
理解できることと理解しえないこと・・・
読後複雑な気持ちになりました

もう一冊は
『翼がなくても』 中山七里
オリンピックのホープとして練習に励むアスリートが
交通事故にあい片足を失う
そこからパラリンピックをめざして再び立ち上がる
交通事故の運転者だった隣家の幼馴染の若者が死亡するところから
ミステリーの要素も加わる
犯人はアスリートなのか?

〈その他に読んだ本〉
・『街道をゆく㉙ 秋田県散歩、飛騨紀行』 司馬遼太郎
・街道をゆく㉚ 愛蘭土紀行1』

・『彼女に関する十二章』 中島京子
なんか読んだことがあるような?とおもいつつ最後まで読んでしまいました

・『平凡』 角田光代
短編集
今の自分でないもう一人の自分がいるとしたらどんな人生を送っているだろうか?とか
過去のどこかで違う道を選んだらどうなっていたか?
など考えてしまうことがテーマになっていると思う
過去に自分を不幸にした
例えば別れた夫、恋人の新しい女などを
呪ってしまうことはないだろうか
不幸でいてほしいと呪うことは自分をも不幸にするのではないか
幸福を願うとまで言えなくても「平凡」でいてほしいと思うという
『平凡』のなかの言葉に納得する

・『海へ』 南木佳士
作者と思われる精神を病んだ医者が
海辺の旧友の医者の家を訪ねる
そこでの少女との出会いで元気づけられる
いつもの同じようなテーマですが
苦しい心のありようが書かれていて惹かれます

・『男のおばあさん 楽しく年をとる方法』 永六輔
「今日は全品二割引き」のチラシに引き寄せられて
偶然入った奈良の古本屋で購入した一冊です
「老いも病気も笑い飛ばす」永さんの強さに励まされました

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | ホーム |  page top