4月に読んだ本

・田部井淳子さんの本を2冊読みました
『人生、山あり時々谷あり』
田部井さんの生きる姿勢に感動しましたそして
『再発!それでもわたしは山に登る』を読みました
がんが再発した田部井さんはできるだけ今までと同じ生活を続けようと決意します
講演活動や登山、ボランティアなど多忙なスケジュールをこなしながら
がん治療を並行してやっていく様子が日記の形で綴られています
強靭な精神力でやり切っていくのは田部井さんだからできることだなとおもいました
しかし、平凡な私にも勇気と励ましをくれました
「もっと楽しんで、自分のできることを精一杯やっていこうよ」
と背中を押されたような気がします
「としだから」を言い訳にしないで頑張っていこうとおもえました

・『本バスめぐりん。』 大崎梢
図書館の本の巡回バスの話です

・『たった、それだけ』 宮下奈都

・『路地裏のほたる食堂』 大沼紀子
教育実習で地元の中学に帰った主人公が同じ教育実習の同級生と共に
“缶猫”事件猫が缶に入れられ放置されるという事件の犯人を探る

・『たんぽぽ日記』 みつはしちかこ

・『街道をゆく』は「㉗因幡・伯耆のみち」と「㉘耽羅紀行を読みました」


今日、『街道をゆく』読書仲間と一緒に
㉔のなかの「奈良散歩」の道、
二月堂辺りを散策してきました
若葉がきれいな道をゆったり歩きました



コメント

田部井さんの本読まれたのね
すごい人でしょう!
ガンの再発にも果敢に立ち向かっていく姿
とにかく感動させられますね

前回も書いたけど、あの本を読み終わって
いても堪らず昭島(東京郊外の町です)で開催されてた
回顧展に駆けつけちゃいましたもの。
丁度息子さんがいらしてお母様の話を伺うことができて
感激しました。
病気になってからの方が海外の山にもたくさん行かれたと。

後先になってしまいましたが
4月もたくさん読まれましたね
私は「街道をいく」ちょっとお休みです
「播磨灘物語」が読み終わったらまた再開します。

5月になって爽やかな緑の中でゆっくり本を読むような生活
憧れます。

2017-05-02 20:23 | shino #sSHoJftA | URL [ 編集 ]

shinoさん

本を読んで“現状を肯定して積極的に、いまできるベストを尽くして生きましょう”と田部井さんからメッセージをもらったように思いました
ぼやぼやしてはいられないぞという気持ちになりました
無理せず、あきらめず、前向いて一歩でも前進ですね

このところ、なかなか集中できないで本を読むペースが落ちています
今月は秋田へ行くので
『街道をゆく㉙』の秋田の巻は読んでいきたいと思っています
2017-05-05 16:38 | あーりん #8n4XZbr. | URL [ 編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | ホーム |  page top