3月に読んだ本

170331k.jpeg

・『あきない世傳 金と銀』シリーズ3作目が出ましたので早速買ってきて読みました
いよいよ幸が商いの才覚を発揮しはじめ「いいぞ~」と楽しみに読んでいきました
ところが終盤になって「奔流編」の名の通り、
進むべきか退くべきか切羽詰まったところで終了でした
ああ~次巻の発売が待たれます

・『神奈備』 馳周星
低気圧が2つも通過する雪山に神に会いにのぼっていく少年と彼を助けようと探す強力が
厳しい自然に挑んでゆきます
全編息詰まるような緊張感で一気に読みました
薦めていただいて読んでよかったです

・『街道をゆく 24 近江散歩、奈良散歩』 『25 中国・閩の道』 『26 嵯峨散歩、仙台・石巻』
読んでいきたいところがたくさんできました
彦根城を見たいし、近江八幡で舟に乗りたいし
東大寺あたりを散策するのもよし
渡月橋も渡りに行きたいし・・・
『街道をゆく』を薦めてくれた絵友さんの後を追うように読んでいますので
感想を話し合ったりしています
「まず春は奈良へ行きたいね」と話しています

<そのほか3月に読んだ本>
・『おれのおばさん』 佐川光晴
 父の横領事件のため東京の名門中学からおばさんの運営する児童肝児童養護施設で暮らすことになった陽介。パワフルなおばさんや仲間たちとの暮らしの中で成長していく姿が頼もしい

・『きょうはちょっとついてないだけ』 伊吹有喜
“ついてない”さんがリレーのように出てきます
それぞれに不器用にしか生きられないのですが
自分の納得できる生き方を見出していけそうな明るい明日が予想できて
うん、これでいいのだ~とほっとする本でした

・『七色の毒』 中山七里

・『のろのろ歩け』 中島京子

・『無名人のひとりごと』 永六輔

・『老いのさわやかひとり暮らし』 吉沢久子


コメント

今月も・・

沢山の本を読まれて、羨ましいわぁ~!

『神奈備』読んでいただいて嬉しい!
・・って作者みたいね(笑)
あっという間に読んでしまうでしょう?
山をやらない人でもあの情景浮かんでくるでしょう?
なんか切ないですよね。

あーりんさんが読んでいる本は興味があって
私も今「播磨灘物語」読み始めています
姫路城行かねば!って・・本当に本を読むとその舞台の場所に
行きたくなりますよね。
春の奈良もいいでしょうね。

私先日読んだ本で感動したのは
登山家の田部井淳子さん(昨年お亡くなりになった)の
[undefined]「再発!それでもわたしは山に登る」[/undefined]です。
とにかくすごい!精神力と行動力に圧倒されます。
丁度、回顧展を東京昭島にあるクライミングジムのホールでやっていたので読み終わった翌日に駆けつけてしまいました。
この主催者が田部井さんの息子さんでこのジムのオーナーです

今回も勝手なコメでスミマセン


2017-04-01 11:55 | shino #sSHoJftA | URL [ 編集 ]

shinoさん

『神奈備』薦めていただいてよかったです
自分の選択では出会わなかった本だと思います
緊迫感が迫ってきて
祈るような気持ちで読み進めました
魂の叫びが心に残って
しばらく尾を引きました

田部井さんの出るテレビ等よく見ていました
優しい笑顔が印象にのこっています
本ぜひ読んでみたいと思います
ありがとうございます
2017-04-03 10:57 | あーりん #8n4XZbr. | URL [ 編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | ホーム |  page top