FC2ブログ

プロフィール

あーりん7

Author:あーりん7
絵手紙のおかげで毎日が発見
絵手紙を楽しんでいます


最近の記事


最近のコメント


月別アーカイブ


カテゴリー


FC2カウンター


フリーエリア

http://blog-imgs-36.fc2.com/a/k/e/akepetegami/10127h.jpg

ブログ内検索

実家の柿

161114k.jpeg
実家の柿を義兄がちぎって
義姉が送ってくれました
「小さいけど味がいいよ」って

実家といっても、もう家もなく
更地に柿の木が一本留守番してるだけです

甘い大きな実をたわわにつける
父の自慢の柿の木でした
先を二股にした竿で父がとり
私が受けるのは
毎年の楽しい行事でした

今はあの頃の半分の大きさもありません
でも、
私には有り難く、愛おしく、
特別の美味しさです
かみしめると
思い出が思い出を呼びます

コメント

思い出の詰まった柿。
本当に、本当に美味しそうに描かれています。

故郷 幼い頃の思い出が懐かしく思い出される年頃となりました。
2016-11-14 21:03 | しーちゃん #- | URL [ 編集 ]

ご実家で、一本留守番をしている、柿木には
あーりんさんにはいろいろな思い出があるのですね。
食べれば、思い出が蘇ってくるのでしょう。
柿の実は、大きさには関係なく、全体に甘いですよね。
今の時期には、最高の果物でしょう (^_^)
2016-11-15 11:00 | sibu #hvtZ3X.c | URL編集 ]

しーちゃんさん

普段は忘れているのですが
何かのきっかけがあれば思い出があふれ出します

年とともに振り返り懐かしむことが増えました
それでも、いくつになっても未来志向でと自分にいいきかせています
2016-11-15 11:12 | あーりん #8n4XZbr. | URL [ 編集 ]

sibuさん

実家の柿を食べると
身を粉にして働いていた両親のことが思われます
豊かではなかったけれどあたたかい思い出がたくさんあります

柿を少し天日干しにしたのはいいけれど
昨日今日と雨なんです
どうしたもんじゃろの~~
2016-11-15 11:18 | あーりん #8n4XZbr. | URL [ 編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | ホーム |  page top