FC2ブログ

プロフィール

あーりん7

Author:あーりん7
絵手紙のおかげで毎日が発見
絵手紙を楽しんでいます


最近の記事


最近のコメント


月別アーカイブ


カテゴリー


FC2カウンター


フリーエリア

http://blog-imgs-36.fc2.com/a/k/e/akepetegami/10127h.jpg

ブログ内検索

10月に読んだ本

161031mo.jpeg
世界初の胃カメラを開発したのが日本人であると最近知りました
その開発に精魂を傾けた人たちに焦点をあてた小説
・吉村昭の『光る壁画』を
やっと読むことができました
まだ世界のどこにもないものを作り出すことは並大抵の苦労ではなかった
なんとしてもやり遂げたいという強い情熱がなければ成し遂げられなかったことがわかりました
失敗しても先が見えなくてもとにかく作り実験を繰り返すなかで
「ひらめき」というものが生まれるのですね
不可能にみえたハードルを越えたときの開発者たちの心の高まりが伝わってきました

吉村昭さんの本をもう一冊読みました
・『人生の観察』

・『キリンと暮らすクジラと眠る』 アクセル・ハッケ作
津村記久子さんの本で紹介されていたので読んでみました
大人向けの童話というかいろんな動物の摩訶不思議な話でした
こんな空想をするのも楽しいかもと思いました

さて、『街道をゆく』シリーズ面白く読み進んでいます
・13『壱岐・対馬の道』
壱岐であげられたのろしが瀬戸内海を伝わって
高安山→生駒山→そして奈良の飛火野まで到達するという話に驚きました
想像するだけでも雄大です

・14『南伊予・西土佐の道』
好感が持てる昔ながらの落ち着いた街並みとして「卯之町」のことが書かれていました
先週だったかその卯之町のことがテレビに出てきました
そんなつながりも本を読む楽しみですね

・15『北海道の諸道』
北海道について知らなかったことばかりで興味深く読みました
以前読んだ高田郁さんの『あいー永遠に在り』で読んだ関寛斎のことが出ていて
小説のことを思い出しました

・16『叡山の道』

友人の影響で『街道をゆく』を読むようになりました
たまに会うとこの本の話になります
「読んでも読んでも飽きない不思議な本ね」と友人が言います
本当にその通りです




コメント

順調に読み進めていますね

「街道をいく」私も先月は、北海道の諸道と近江散歩・奈良散歩
読み終わりました。
奈良は東大寺の所で危うく挫折しそうになりましたが
何とか・・・ふぅ!

それにしても、あーりんさんの読む本は多岐にわたってますね
私は本当に狭い範囲でしか本を選んでないということを痛切に感じます。
2016-11-02 20:28 | shino #sSHoJftA | URL [ 編集 ]

shinoさん

たしかに挫折しそうになることや
読み進めなくなる時があります
『叡山の道』は時間がかかりました

一貫性のないのが私の読書です
だから『街道をゆく』は時間がかかっても全巻読みたいものだと思っています
2016-11-03 19:00 | あーりん #8n4XZbr. | URL [ 編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | ホーム |  page top