FC2ブログ

プロフィール

あーりん7

Author:あーりん7
絵手紙のおかげで毎日が発見
絵手紙を楽しんでいます


最近の記事


最近のコメント


月別アーカイブ


カテゴリー


FC2カウンター


フリーエリア

http://blog-imgs-36.fc2.com/a/k/e/akepetegami/10127h.jpg

ブログ内検索

5月に読んだ本

今月読んで感動したのは
『お城のおばあちゃん こころの絵手紙』です
NHKにっぽん紀行「笑顔咲くふしぎな絵手紙」で取り上げられた十河博子さんの本です
十河さんは香川丸亀城の名物おばあちゃん、
10年以上にわたって自作の絵手紙を配り続けておられます
絵手紙とそれに背中をおされた人たちのエピソードが紹介されていて
心温まる本でした

もう一冊とても感動したのは
『塩狩峠』 (三浦綾子著)です
いろいろな書評のお勧めの本に取り上げられていたので読みました
塩狩峠での列車暴走事故を身をもって止めた永野信夫さんの物語です
まっすぐで、自分を律して常に全力を尽くす生き方をとても厳しく感じました
迷いや苦しみから逃げず正直に向き合う姿にも感動しました

〈そのほか5月に読んだ本〉
・『ホースケ』(津村記久子)

・『先生のお庭番』(朝井まかて)
シーボルトの薬草園の庭師熊吉が主人公です

・『新任巡査』(古野まほろ)

・『花桃実桃』(中島京子)
茜はなりゆきで父の遺産である古ぼけたアパートに引っ越し、
そこを管理することになりました
家賃さえもらえばそれでいいときめこんでいたのですが
住人たちはなかなかの手ごわさです
次第にクールを決め込むわけにいかず
住人とかかわりをもつようになります

・『スクラップ・アンド・ビルド』(羽田圭介)
友人から「おもしろかったよ」といわれて読む気になった本です
本当に面白かったです
そしてじんわりと考えさせられました
「死にたい」が口癖のじいちゃんと孫の物語です
じいちゃん思いの優しい孫は「死にたい」というじいちゃんの願いを
どうすればかなえられるか考えていきます
テレビで見る羽田さんのひょうひょうとしたところが〝孫”に投影されているようでした

・『花冷えてー闇医者おゑん秘録帖』(あさのあつこ)

・『マリコ炎上』(林真理子)
エッセイ集

・『糸車』(宇江佐真理)
松前藩家老の夫が殺され、息子が行方不明になる
妻は裏店に住み小間物の行商をしながら息子を探す
運命の糸は複雑に絡み合ってくる

・『海の見える理髪店』(萩原浩)
表題作他5編収録
表題作が一番良かった

今月は夜あまりドラマを見ないで本を読んだのでたくさん読めました
時代小説より歴史小説を友が進めてくれるのですがなかなかそちらは読めません


コメント

あーりんさんの「月に読んだ本」
毎月末楽しみにしてるshinoです
私も読書感想書きたいけれど
あーりんさんみたいにうまく書けません(+_+)

「塩狩峠」はず~と前に読んだことがあります
懐かしいですね
三浦綾子さんの作品にはどれもキリスト教の精神(?)が
織り込まれているような感じがします。

宇佐江真理さん、もっと生きていて欲しかった方ですね

私は、相変わらず、池波正太郎の「真田太平記」です
あと、残り2巻、大坂夏の陣までもう少し
これが読み終わったら、羽田圭介さんの作品も読んでみたいです

今回も触発されました!
ありがとう~!
2016-05-31 19:06 | shino #sSHoJftA | URL [ 編集 ]

NHKのにっぽん紀行、十河博子おばあちゃんの
テレビを見ました。
すごいおばあちゃんだなぁと思っていたら
先日友達から「お城のおばあちゃんこころの絵手紙」の本を
プレゼントしてもらったのです。
毎日楽しく見ています。
絵手紙もいいけど、となりの言葉が面白く感動しますね。

娘が持ってくる本を読んでいます。
自分では図書館にも行かないのでねぇ。
先日も面白かったので、つい朝方までで読みあげました。
その時はお昼寝しますよ。
とっても不規則な生活をしております(笑)
感想文は書けませ~ん。

規則正しく読書されているのにいつも感心しています。
2016-05-31 20:36 | お山ばあちゃん #- | URL [ 編集 ]

shinoさん

宇江佐真理さんにはもっともっと書き続けてほしかったです
わが町のとしょかんでも人気作家です
2016年3月刊の『うめ婆行状記』も予約待ちで当分借りられそうにありません

歴史小説好きの友人も『真田太平記』面白いと進めてくれるのですが、何巻もあるのを読みとおす根気がないので手に取れませんよ

読んだ端から忘れるのでちゃんと感想は書けないのですよ
一か月区切りで振り返り印象に残っているところだけでも
書き留めたいと思っています
作家さんには申し訳ないのですが全く記憶のかけらもない本もあって・・・
作品の出来ではなく私の記憶力のせいですがね

三浦綾子さんの本は2冊しか読んでませんが
キリスト教精神が根底にあるのを感じます
宗教には関心がない私ですが、読んでいくと
耳を傾けてたい言葉がたくさんあります
2016-06-01 08:41 | あーりん #8n4XZbr. | URL [ 編集 ]

お山ばあちゃんさん

あの番組を見てすぐ本を購入しましたよ
読むほどに「えてがみっていいものだ」との思いが強くなりました
ぜひ姉にもよんでもらいたいと、本を送りました
誰かに紹介したくなる本ですよね

読みたい本が次々出てきます
私は図書館頼みなので、人気の本はなかなか借りられないです
上田秀人さんの講演を聞いたとき「せめてと文庫本は買ってください」とはなされていましたので、また少しでも買って読まなければとも思っています
考えてみれば本屋さんに行かなくなりました
昔は時間があれば足を向けていました
あの空間にいるのが心地よかったものでした
今はひと月に一回いけばいいほうです
2016-06-01 08:52 | あーりん #8n4XZbr. | URL [ 編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | ホーム |  page top