FC2ブログ

プロフィール

あーりん7

Author:あーりん7
絵手紙のおかげで毎日が発見
絵手紙を楽しんでいます


最近の記事


最近のコメント


月別アーカイブ


カテゴリー


FC2カウンター


フリーエリア

http://blog-imgs-36.fc2.com/a/k/e/akepetegami/10127h.jpg

ブログ内検索

12月に読んだ本

一年たつのが早いです
今年も100冊をこえる本に出会えたことに感謝したいと思います
読書の中心が時代小説になっていたなあと思います

〈12月に読んだ本〉
・『人情時代小説傑作選 がんこ長屋』 縄田一男編
・『まねき通り12景』 山本一力
・『隅田川御用帖 鹿鳴の声』 藤原緋沙子
・『秘太刀馬の骨』 藤沢周平

・『藪医ふらここ堂』 朝井まかて
患者を怒らせたり、休んでいればなおると薬も出し渋る破天荒な医者と振り回される娘の姿に
読む私も一喜一憂でした
軽い語り口でちょっと今まで読んだ時代小説と違った感じでした

・『中野のお父さん』 北村薫
 出版社に勤める娘が持ち込む小さな謎を古本の知識を活用して見事にといていくお父さんの知識の広さに感心しました
謎解きの過程がわたしには難しかったです

・『パノララ』 柴崎友香
不思議な建物の一角の小屋を借りて住むことになった主人公
人とかかわるのが苦手で思うことを言う前に飲み込んでしまう
ゆるい感じで物語はすすんでいくが、
なぜか途中でやめることができず
さいごまで読んでしまいました
作者の意図がよくわからなかったけれど
読み進むうちに主人公を応援したくなりました 

・『私の赤い手帖から 忘れえぬ言葉』 三浦綾子
昭和63年発行の本です 
図書館のリサイクル祭りでいただきました
出会った人からいただき心の支えになった言葉について綴ったエッセイ集です
あまり期待しないで開いた本ですが
引き込まれて線を引きながらよみました

取り留めもない私の読書記録にお付き合いいただき
ありがとうございました
来年は乱読でなく
“芯のある”読書生活ができればいいと思っています

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | ホーム |  page top