FC2ブログ

プロフィール

あーりん7

Author:あーりん7
絵手紙のおかげで毎日が発見
絵手紙を楽しんでいます


最近の記事


最近のコメント


月別アーカイブ


カテゴリー


FC2カウンター


フリーエリア

http://blog-imgs-36.fc2.com/a/k/e/akepetegami/10127h.jpg

ブログ内検索

11月に読んだ本

『小泉今日子書評集』楽しく読みました
読売新聞の書評委員をされていた10年間の書評をまとめたものです
97冊(数え間違いがあるかも?)が取り上げられていました
文章がわかりやすく、どの本も読んでみたくなりました
小泉今日子さんの考え方や生き方が反映されていて
説得力があるし、親近感を覚えました
手元にもっていてこれからの読書の道案内にしたい本です
買おうかな?

〈そのほか11月に読んだ本〉
・宮部みゆきさんの本
『日暮上・下』
『長い長い殺人』

・『憑神』 浅田次郎
酔いに任せて小さな祠に参ったばかりに
貧乏神に疫病神、死神にまで取りつかれた貧乏御家人の
悪戦苦闘の物語です

・『さがしもの』 角田光代
(再読、旧題『この本が世界に存在することに』で読んでいました)
読み始めて数ページすぎてから、読んだことあるわと思い出しました
始めの2編は記憶にありましたがあとはすっかり忘れていました
それで、最後のページまで面白く読みました

・『おじいさんになったね』 南伸坊

・『嫌老社会を超えて』 五木寛之
若い人の邪魔をないように邪魔にならないようにいきなければなあ~とおもいつつ読了、考え込みました

・『寵姫裏表 妾屋昼兵衛女帳面(五)』 上田秀人

今月は図書館の講演会で上田秀人さんの話を聞きました
「作家という職業の裏表」ということで
興味深い話がてんこ盛りでした
先輩作家の方のこぼれ話や
作家になったいきさつや、
印税の話なんかもでてきて笑い声が何度もおきました

しょっぱな、作家に一番必要な素質は
「あきらめないこと」という意味の事をいわれました
ボツになっても書きつづけること
書き始めたら」完」まで書き続けること
それが大事だと

歴史は新たな発見によって変わっていくものだから
常に勉強し情報を収集して歴史小説を書いていると話されていました

「時代小説の使命は美しい日本語を残すことだ」
と先輩作家から教えられたという話が印象的でした
消えゆく言葉や表現にも注目して
これからは時代小説を読みたいと思います

「もっと本を、せめて文庫本は買って読んでください」
とおっしゃっていました
ご自身も10冊以上のシリーズものの小説は購入されて読んでおられるそうです

昔のように私も本屋さんへ行かなくては!と思った次第です

講演会のことは記憶を頼りに書きましたので
自分流の解釈になっているところもあると思います
ご容赦ください

コメント

お勧めの『火車』は読みました。
勧めれたとおり、おもしろかったで~す。

今回、読まれた本で、お奨めはありますか?
時代物は、よく読んでいるほうだとおもいますし、
好きなんです (#^.^#)
2015-12-02 16:03 | sibusino #hvtZ3X.c | URL編集 ]

sibusinoさん

『長い長い殺人』は緊張感があり面白かったです
でも、結末は少々私には??と思うところもありました

南辛坊さんの本は何時読んでも楽しめます
なので『おじいいさんになったね』をお勧めします
お好みにあうでしょうか?
2015-12-02 21:36 | あーりん #- | URL [ 編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | ホーム |  page top