FC2ブログ

プロフィール

あーりん7

Author:あーりん7
絵手紙のおかげで毎日が発見
絵手紙を楽しんでいます


最近の記事


最近のコメント


月別アーカイブ


カテゴリー


FC2カウンター


フリーエリア

http://blog-imgs-36.fc2.com/a/k/e/akepetegami/10127h.jpg

ブログ内検索

6月に読んだ本

本を読むと、そこに本のことがかいてあったりして、
出てきた本をまた借りてきて読む
そんな風に読書世界が広がっていくのも楽しいです

庄野潤三さんの『ピアノの音』を読みました
穏やかな明け暮れを淡々と綴っていて、
読む私も穏やかな気分になります
家族や周りの人々、また植物や生き物などが
愛いっぱいの眼差しでかかれています
「よろこぶ」という表現がよくでてきて、
幸せ感が伝わってきます

奥さんが『ドリトル先生」シリーズを読んでいると書いてあったので
私も興味をもちました
『ドリトル先生アフリカへ行く』
角川つばさ文庫ヒュー・ロフティング作河井祥一郎訳
子供向けに訳された本で面白く読みました

<その他6月に読んだ本>
・『おくのほそ道(全)』角川書店編 ビギナーズクラシックス日本の古典

・『窓から逃げた100歳老人』ヨナス・ヨナソン
老人ホームの窓から逃げ出した100歳の老人が
ひょんなことからギャングの大金を盗んで逃避行
警察とギャングに追われ「なるようになるさ」と
スウェーデン中を逃げ回る
このアラン老人爆弾の専門家で
歴史上名だたる各国要人とわたりあった過去をもつ
これは解説にかかれていたように
「すばらしきでたらめ小説」であります
たのしめること請け合いです

・『神様のケーキを頬ばるまで』彩瀬まる

・『夕映え天使』浅田次郎

・『ようこそ、わが家へ』池井戸潤
まじめで小心者の倉田が駅のホームで
電車への割り込みを注意したことから、
恐怖のストーカー被害にあう
家族で協力してストーカーに対抗していく
一方倉田は銀行から出向したメーカーでも
不正疑惑を追及したために苦しい立場に追い込まれていく
解決の道は開けるのか・・・

・『あつあつを召し上がれ』小川糸

<このほか絵を楽しみながら読んだもの>
・『あなたに見せたい美しいもの』 ひがしのようこ絵と詩

・『熊谷守一 画家と小さな生きものたち』林綾野

コメント

よく本読まれるのですね。
娘が時々持って来てくれるので、気が向くと
続けて読みます。
池井戸潤の「ようこそ わはが家へ」は1昨日読んだばかりです。
夜ベットで読むのですが、お面白かったので朝方まで読んで
しまいましたよ。
この2、3日続けて読んで寝不足で昼寝をしていまーす(笑)
まだ10冊くらいあります。

2015-07-01 15:58 | お山ばあちゃん #- | URL [ 編集 ]

お山ばあちゃんさん

面白い本はやはり読み終えるまで手放せませんね
一日中読むこともあります
池井戸さんや今野敏さんの本は一気読みです

今人気の本は図書館ではなかなか順番が回ってきません
なのでこの頃は、昭和の時代の本をゆっくり読むのもいいなあと思うようになりました
2015-07-02 08:18 | あーりん #8n4XZbr. | URL [ 編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | ホーム |  page top