FC2ブログ

プロフィール

あーりん7

Author:あーりん7
絵手紙のおかげで毎日が発見
絵手紙を楽しんでいます


最近の記事


最近のコメント


月別アーカイブ


カテゴリー


FC2カウンター


フリーエリア

http://blog-imgs-36.fc2.com/a/k/e/akepetegami/10127h.jpg

ブログ内検索

1月の5冊

190131t.jpg
ゆるゆるボ~ッとしていたら
あれまあ~と一月は過ぎていきました
2月の自分に期待することにしておきましょう

<1月に読んだ本から>
1月は外にあまり出なかった分本は15冊読めました
その中から好きな本5冊

・『すぐ死ぬんだから』 内館牧子

「人は中身よりまず外見を磨かねば」とおしゃれではつらつとした主人公ハナさんです
(なんだか身なりをかまわない自分が恥ずかしくなりました)
楽しく思うままに生きているハナさんでしたが
突然夫が倒れなくなります
悲しみで気力がなくなったハナさんに思いもよらない事が起こり・・・
インパクトのある一冊です


・『エリザベスの友だち』 村田喜代子

認知症の母と二人の娘を中心に話が進みます
母は一番輝いていた20歳にかえりその世界にさまよっています
その母を理解しながら会話する娘
様々な症状の高齢者を穏やかに介護する施設の職員さん
高齢者の厳しい現実ではあってもこころあたたまる一冊でした


・『サイレント・ブレス』 南杏子

在宅医療にかかわる若い女性医師が主人公です
一人一人に寄りそう看取りで患者は安らかに旅立っていきます
そして主人公も医師として人として成長していきます
心にしみる一冊でした


・『モンテレジォ小さな村の旅する本屋の物語』 内田洋子

―「イタリアトスカーナの山深い村から本を担いで旅に出た人たちがいた」―
その小さな村モンテレッジォを訪れたところから作者の旅が始まります
人との出会いに導かれて
村の歴史的や産業、出版業など興味はどんどん広がっていきます
想像の中で自分も一緒に旅しているような気持ちになる一冊です


・『やまと尼寺精進日記』 NHK「やまと尼寺精進日記」制作班

毎月最後の日曜日に放送される同名の番組が楽しみで本を見つけたので借りました
住職さん副住職さんお手伝いのまっちゃんの3人の和気あいあいとしたお寺の四季
ていねいな暮らしってこういうのだなあ、いいなあ~と思います
食材を大切にし創意工夫しいろんな料理を生み出す智慧にびっくりです


伊予柑

190130i.jpg
たいていのことはメールでのやりとりです
珍しく友から電話もらって
どんどん話が広がって
気がついたら長電話になってました

おしゃべりって楽しいものですね
血液の巡りが良くなったような・・・

190129s.jpg
コーヒーの景品でもらった金属製の栞です
上の部分をひっかけて使います
使いやすく気に入って長年使っています

『方丈記』の音読を始めました
高校時代の古文で冒頭の所を何度も音読したのを思い出します
すぐ暗記できたあの頃が懐かしいわ

<小袋>
190129h.jpg
古ブラウスの布でふたのある小袋を作りました
一つは文庫本入れにと思っています
手芸の本を見て頭ひねりながら縫いました

ノゲシ

190128no.jpg

タンポポみたいには可愛くないぶん
たくましさは十分
寒さもなんのそのです

マユミの実

190127m.jpg
ちょっと遠回りの帰り道に発見
花かしら
いいえはじけたマユミの実です
鳥が食べたのかしら種はありません
カラカラの感じだけれどきれいなピンクにうれしくなりました


<『徒然草』音読>
数段ずつ音読していた『徒然草』243段読み終えました
黙読だったら眠くなって途中止めになっていたと思います
声に出すと調子にのって読めました
内容は解説読んでふむふむ
分かったような、わからないような

先日行った書店にも
「1分間音読」といった本の特設コーナーがありました
はやっているのでしょうか

やってみて脳にも健康にも良い気がします





水仙

190126s.jpg
本格的な寒さになってきました
きょうの風は冷たかった
なので散歩にも出ませんでした
先日スケッチした水仙に色をつけ
言葉を書きました
寒さを好んで咲く花はエライ!

ネコの昼寝

190125c.jpg
チャンス!
ネコちゃんお昼寝中だ
あわててはがき取り出してたら
気づかれちゃった
「なにみてんのよ~」と言いたそうな目つき
おじゃま虫でごめんなさいね
居心地いいのかそのまま寝そべっていてくれました
なんか大雑把な絵ですねえ

どこまで使う?

190124p.jpg
今年心掛けることの一つは
物を活用し、使い切ることです

筆記用具は小引出ひとつでは入りきらないほどあります
そのほとんどが”使いさし”です
すてるにすてられず
使うしかない!
短いものから使い切ろうと補助具をつけて
せっせとつかってます
3㎝を切るとさすがに使いづらい
でも書けないわけじゃないし
捨て時が難しい
金属製の補助具はつるつる滑るので長文を書く時は不向きですね


〈自動レジ〉
一か月に一冊くらいは本を買いたいものだと思っています
自動レジの本屋さんで買うのは2度目です
2度目といってもどうしていいやら
まごまごしていると店員さんが来てくれました
画面を押して
カードを読み取りに通して
本のバーコードを読み取って
また画面をなんどか押して
やっとお金を入れますが
え~硬貨はどこへ?
助けられドキドキしながらやっと買えました
はあ~

スーパーが自動レジばかりになったら
買い物にも行きにくいかもねえ

山茶花

190123s.jpg
朝公園まで歩きました
ゲートボールの人たちがゲームに興じていました
冬の公園は寂しいから
誰かいるとありがたいです

紅梅は満開白梅もよく咲いて
山茶花は満開を過ぎてますが
まだまだきれいです


どうってことない日だけど
きょうも歩けてよかった
絵手紙をかけてよかった

190122t.jpg
1月はキラキラ嬉しい月です
いいことが待っていそうな気がして
今年
どんなことができるか
旅行にも行きたいし
絵手紙もたくさんかきたい
去年より元気に動きたい

それに
なにか今までと違うことが
あるいは
いままでできなかったことが
出来るかもしれないと
自分にほのかに期待したり
小さな希望の蕾を胸に抱いているような月です

実家の土瓶

190121d.jpg
実家の整理をしたときに
少しだけ持ち帰った品の中の土瓶です
こちらでは出番もなく
処分する時期かな・・・と・・・
その前に記念に一枚

自作のコップや小皿も20個ほど処分します
ぼちりぼちりだけれど
思いきれる時期にきたのかな

190120s.jpg
週めくりカレンダーの今週の絵手紙
文字も絵も言葉もとっても力強く
ながめて飽きません
でもモチーフが何なのか?
蓮根に見えるし
切り株にも見えるし
炭かもしれないし・・・
見えるように見ればよいのでしょうか?

それで箪笥の隅にあった炭を思い出して
かきました

ロウバイ

190119r.jpg

思うようにかけなかった蝋梅
「もっと繊細な感じなのになあ~
むずかしいなあ」
などと顔を洗いながら
珍しく さっきかいた絵手紙のことなど考えていたら
ウン?
なんか変!
この香り?
シャンプーで顔洗ってた!
狼狽しました

まあ面の皮・・・丈夫ですけど

金沢のだるまさん

190118d.jpg
協会の週めくりカレンダー「しあわせの笑顔」がとっても素敵なんです
教室の先生は
「絵手紙もいいし
裏の文章も味わって読んでください」
とおっしゃていました
文章も味わい深いです

さてカレンダーの絵手紙、今週はK先生の
紅白一対のかわいらしい姫だるまです
金沢のだるまさんでしょうか?
私も持っています
初参加だった友の会全国大会金沢
思い出のだるまさんです
そこで一枚かきました
昨日より手が動きます

目習い
手習い
ぼちぼちと

ほうれん草

190117h.jpg
ようやく始動です
今年一枚目にしては線がいい加減です
かいていないと
線一本も引けなくなるものですね
おまけにスキャンの仕方も思い出すのに
頭ひねりました はあ~~

教室には
「月刊誌のー自分で光れー1年毎日絵手紙企画に応募しようかしら」
なんていう方もおられるのに
同じ絵手紙人として恥ずかしい次第
でもまあ、ぼちぼちが自分のペースかしらね

雪景色を描く

180114y.jpg
雪景色を写真を見て描きました
難しいですねえ

水彩画教室もうやめようと思っていたのですが
「家にこもるのはよくないぞ
行けるなら続けたら?」と背中を押されました
もう少しやってみようかと思いなおしました

遠いので行くだけで大仕事です
描いてる時間はあっという間に過ぎます
それだけ自分にとっていい時間なのでしょう

〈音読始めました〉
老化防止に音読がいいと聞いたので
今年から始めました
三日坊主でも何もしないよりいいかなというくらいの軽い気持ちです

せっかくなら読んだことがない古典にしようと
ちょうど手元にあった文庫本の『徒然草』にしました
今日上巻を読み終えました

以前友人が
「『徒然草』面白いよ」といったことがありました
なるほど結構面白いです
もちろん解説を読んでも
意味がよくわからないところもありますが・・・
 | ホーム |  page top