FC2ブログ

プロフィール

あーりん7

Author:あーりん7
絵手紙のおかげで毎日が発見
絵手紙を楽しんでいます


最近の記事


最近のコメント


月別アーカイブ


カテゴリー


FC2カウンター


フリーエリア

http://blog-imgs-36.fc2.com/a/k/e/akepetegami/10127h.jpg

ブログ内検索

貼り絵のお雛様

180222h.jpeg
以前貼り絵の花瓶カバーをもらいました
そのひな人形がかわいかったのでお手本に貼り絵をしました
今年もこうして元気でひな祭りを祝う絵手紙をかけること
ありがたいなと思います


〈散歩でみつけた〉
散歩で川沿いを歩いていて
川の中に水鳥が群れているのをみつけました
たぶんカモのような
子どももいます
25羽まで数えました
この川は少し前までにおいのする汚れた川でした
鳥がくるまできれいになったこともうれしいことです

枯れ葉を描く

180218k.jpg
枯れ葉を描きました
教室で途中までだったので続きを描きました
これでいいのかどうかわかりませんが
ともかく仕上げたのでホッ
今行っている教室で面白いなと思うことの一つに
「身近なもの何でもがモチーフになるんだ」ということです

〈いいお茶時間〉
昨日は友だちとお茶しておしゃべりしました
「梅を描きに行きたいね」
「桜を見に行きたいね」
「椿もいいね」
いままで絵手紙で行った所が話に出ました
「いろんな所へ行ったのも絵手紙をしているおかげだね」
うなずきあいました
春の計画はまだ決まりませんでしたが
心弾んできます

おひなさま

180216h.jpg
2月の教室でお雛様をかいてから
家でも少しずつかいています
あられの袋に印刷されていたおひなさまをかきました
かいていると心がほんわかしてきます


昨日から寒さが緩んで
今日は日差しもさんさんと暖かです
はがきをもって
午後からちょこっと散歩にでる予定です

久しぶりの編み物

180210k.jpeg
この前教室のみんなで食事会に行ったとき
「元気に暮らすには?」という話題になりました

「3つぐらいすることがあるのがいいね」
「絵手紙の他に楽しむことをもつことが必要」
「テレビを見ながらでもできるものがいいね」
「脳にいいことしたいね」
などの話がでてみんなで
「いいかもね」
と思い至ったのが
「編み物」でした

それでわたしもこの冬初めて編み棒を手に取りました
3月からまたスケッチ会が始まるので
その時用にハンドウォーマーを編みました
180210h.jpg

編みこみ模様は毛糸の緩め具合が難いです
失敗しても自分で使うものだからまあいいやと
楽しんで作りました
ベニシアさんの番組で見たような
カラフルに染め分けた毛糸もいつか使ってみたいと思います

ブロッコリー

180205b.jpg
「葉酸」が認知症予防にいいと
テレビで見てから
意識してとるようになりました
ほうれん草やブロッコリーなど
なるべく食べるようにしています
でも高いんだわ


寒いけれど図書館まで行ってきました
予約していた若宮正子さんの
『60歳過ぎると、人生はどんどんおもしろくなります』
が借りられました
わくわく~

植物園でちょっとスケッチ

180204k.jpg

植物園で水彩画講座があったので行きました
早めに行って散歩し
5枚ほど線描きだけスケッチしました
(このクリスマスローズはスケッチをもとに家でかきました)

日差しは暖かでしたが
風が吹くと冷たく
葉を落とした木々も寒々として
人影もまばらでした
野鳥の撮影をするのでしょうか
カメラを構えている人を数人見かけました
咲いている花はクリスマスローズパンジー山茶花
水仙は群れて咲いていい香りがただよっていました

午後からの講座は「椿」の模写でした
色を出すのが難しくて
あれこれ試しているうちに
終了の4時になってしまいました
絵は完成しませんでしたが
近くの席の人たちと
「いい色でましたねえ」
「花の形がいいですねえ」
などと互いに健闘をたたえあい
(ちょっと慰めあいもして)
ほのぼのとした気分で帰路につきました

独楽吟初めの一歩

180202d22.jpeg
今年何か一つ絵手紙で新しいことを勉強をしたいと考えていました
月刊誌2017年6月号で紹介されていた橘曙覧の「独楽吟」が印象に残っていました
日常のささやかな楽しみをうたったところに心惹かれました
それでチャレンジしてみることにしました
始めの一歩です
一週間に一首でもできればいいなあと思っています


5月の「友の会全国大会」に参加しようと思っています
朝から宿探しで予約しようとしたのですがエラーがでて先に進めませんでした
う~んどうしたもんだか?


1月に読んだ本

朝井まかてさんの本『阿蘭陀西鶴』『実さえ花さえ』『ちゃんちゃら』を読みました
今自分には一番読みやすく読んで楽しい作家さんです
職人気質な人物や芯の強さをもった女性が登場して
面白いです

〈その他1月に読んだ本〉
・『スクープの卵』『よっつ屋根の下』 大崎梢
『スクープの卵』は
新米記者があきらめないで取材を続けていく
殺人事件が絡んで思わぬ展開になります
『よっつ屋根の下』は
父の思わぬ転勤で千葉へ一緒に行く中学生の息子と
東京に残る母と妹の家族の物語です

・『駐在刑事 尾根を渡る風』 笹本稜平
事件の解決に奮闘する駐在さんと
支える地元の人とのほのぼのと温かいミステリーです

・『5年前の忘れ物』 益田ミリ

・『世の中にひとこと』 池内紀

・『笑う子規』 正岡子規 天野祐吉編 南伸坊絵

・『なかよし小鳩組』 萩原浩
今にもつぶれそうな広告社に舞い込んだ大きな仕事は・・・・

・『あひる』 今村夏子
ひょうひょうとした語り口だけれど
なんだか切なくなる話でした

・『遊園地に行こう』 真保祐一
夢の国遊園地を支えるスタッフたちの物語


 | ホーム |  page top