FC2ブログ

プロフィール

あーりん7

Author:あーりん7
絵手紙のおかげで毎日が発見
絵手紙を楽しんでいます


最近の記事


最近のコメント


月別アーカイブ


カテゴリー


FC2カウンター


フリーエリア

http://blog-imgs-36.fc2.com/a/k/e/akepetegami/10127h.jpg

ブログ内検索

11月に読んだ本

友人から「いいよ」と借りた本
『淳子のてっぺん』(唯川恵)感動しました
何度も涙が出ました
田部井淳子さんを主人公にアンナプルナとエベレスト登頂を中心にかかれています
過酷な自然に挑む淳子さんの姿が目に浮かぶようで祈るような気持ちで読みました
登頂準備がまた大変な苦労であったこと、
女性だけの隊で登頂したいという強い気持ちと
隊員同士の葛藤
そして家族の協力
登頂成功のかげの様々なドラマに深く感動しました

〈その他11月に読んだ本〉
・『ぐるぐる博物館』 三浦しをん
「茅野市尖石縄文考古館」「メガネミュージアム」「奇石博物館」など変わり種?の博物館めぐり記です
のっている館一つでもいってみたいものです

・『ときどき旅に出るカフェ』 近藤史恵
オーナーの女主人がときどき旅に出るカフェが舞台です
居心地がよく世界の珍しい飲み物料理も美味しそうです
楽しめる一冊です

・『ホテル・ピーベリー』 近藤史恵
宿泊客が相次いで二人亡くなる
偶然なのか殺人事件なのか?
結末までどんどん面白くなりました

・『素敵な日本人』 東野圭吾

・『情熱のナポリタン BAR追分』 伊吹有香り

・『書店ガール」 碧野圭
シリーズの一冊目
初めての作家さんですが面白く読みました
理子は店長に昇格したもののその店の閉店までのつなぎ店長だと知る
天敵のような部下の女店員とのバトル
足を引っ張ろうとする男性店員
トラブルも多発する
なんとか売り上げを伸ばそうと奮闘するうち店員たちの心も一つになっていくが・・・
好みの展開でした
№2もよんでみようと思っています

・『認知症になった私が伝えたいこと』 佐藤雅彦
心に響く示唆に富んだ一冊です

家でゆっくり

171121h.jpeg
家で作ったものより義姉が作った干柿のほうが断然美味しい
とろけるような甘さです
作り方がどう違うのかしら?

〈家でゆっくり〉
10月から出歩くことが多かったです
オーバーワーク気味でしたが
元気で動けたのが自信になりました

先週は他市の美術館へ絵友さんと
水彩画展と絵手紙展を見に行ってきました
沢山の作品を
「あ~こんな風にかけたらな~」
とため息つきつつ見て回りました
絵手紙展の方は一枚ずつ言葉も読みました
皆さんそれぞれの想いや個性がうかがわれ
なにより楽しんで書かれている様子が伝わってきて
こちらまで笑顔になりました

三日ほど家でのんびりできるので
本を読んだり絵手紙かいたり
食べたり・・・たべたり・・・・・・ハハハ

ほうれん草は放れんぞう

171120h.jpeg
とっても素敵な手作りの封書が届いて
開けたらもう感動!
巻紙の絵手紙がはいっていました
素晴らしい絵と
あたたかい言葉が嬉しくて
心がじ~ん

久しぶりに絵手紙をかきたくなりました
義姉からの故郷便にはいっていた
いきいきピンのほうれん草です
野菜が高いおりから有難さ倍増です



〈インフルエンザ予防注射〉
インフルエンザ予防注射を受けてきました
ワクチン不足で2週間あまり待ちました
無事受けられてとりあえず一安心です

ずいぶん冷え込むようになりました
お互い風邪に用心しましょう

紅葉を描く(写真を見て)

171112s.jpg
水彩画教室で途中だった絵を仕上げました
紅葉の写真を見て描きました
写真はもっと鮮やかな紅葉なのですが
ぼやけました
人物をもう少し小さくすればよかったかなあと思います


〈学習館の講座〉
「認知症について」がテーマでした
認知症―年々すごく身近に感じるようになってきました

2本のDVDを見ました
一つは認知症についての「お医者さんの話と接し方」
よい接し方とそうでないのとを劇で演じていてものすごく納得できました
認知症の人が間違った行動をしても頭ごなしに否定するのでなく
サポートする気持ちで接することが大事だし
無視するのでなく声かけをすることが助けになることがわかりました
もう一つは「認知症の人の話」
認知症に対して持っていたイメージが変わりました
「全てのことをやってもらうと機能しなくなる
自分のできることをやり続ける」
というクリスティン ブライデンさんの言葉が印象に残りました
どんなことが難しくなって、
どのようなサポートが必要か
ゆっくりと話し合うことが必要なこともわかりました
先生のお話もよく分かりいい勉強をしました
帰りに図書館でDVDでお話されていた佐藤雅彦さんの
『認知症になった私が伝えたいこと』を借りて帰りました

とれたてレモン

171112r.jpeg
レモンを3個いただきました
2個は大きな葉がついていましたが
これはとっても小さな葉がついて可愛かったです

挿し木にした我が家の5鉢のレモンには
まだ実がついていません
10月台風の強い風で葉に傷がついてしまい
心配しましたが
元気に枝を広げています
来年は花をつけるかなあと期待しています

〈水彩画展に行ったこと〉
11月上旬には3ヶ所の画廊にいき
水彩画展を見てきました
素敵な絵をたくさん見ることができました
「光と影」の表現が勉強になりました

一昨日行った展では
彩色のデモンストレーションもあり参考になりました
繊細で丁寧な彩色でした
その展へは
植物園で描いているときであった人に案内状をいただき行きました
一緒に行った友がその方の顔を覚えていて
お会いして話をすることもできました

帰りに銀杏並木をスケッチしに行きましたが・・・
難しくて途中でお手上げでした
でも、
あきらめないでとにかく回数描こうと思います

ちょっと早いプレゼント

P1030096.jpg

医院に行くと
待合室でお花のプレゼントをやっていました
お花は先生からで
空き缶を利用したサンタさんの容器は
ボランティアの方の手作りです
心ほっこり、
ありがたくいただきました
とてもかわいいのでまた絵手紙にもかきたいなと思います

ダリヤ園

171103k.jpeg
2種類の渋柿を10個ずつくらいもらいました
平たいほうは焼酎で渋抜きをしています
これは干柿にします

〈ダリヤ園スケッチ〉
昨日は植物園でのスケッチ会でした
ほかにも何グループかスケッチしていました
カメラの人
バードウォッチングの人
遠足の小学生も大勢
良い天気でみなそれぞれに秋を満喫といったところでした
P1030007.jpg

満開のダリアを入れてスケッチしました
前週のバラ園といい、今回のダリアといい
難しいこと!
もう講評に出すのよそうかしら
なかったことにしようかしら
と思うほどでした
講評をしてもらい
次に描く時のポイントが少しわかったかなあ~
やっぱり勉強になりました
P1030010.jpg

でっかいカボチャを描いた

171030k.jpg
水彩教室で描きました
皆さんとてもうまいです
比べて落ち込みますが
見せてもらって勉強しています
ヘクソカズラのツルが難しいけど面白かったです


このところ頭の働きが鈍くなって
失敗・物忘れが多くなりました
「あら、しまった」と後で気づきます
同じ失敗を繰り返すのが情けないところです
でも、頑張らなくっちゃね
今月はもっといい月にしよう

10月に読んだ本

前に書いたように10月3日にシリーズ最終巻の
『街道をゆく43』を読み終えました
一年4ヶ月の読書旅でした
須田剋太さんの絵を見に行ったり
司馬遼太郎展に行ったり
奈良の道を訪ねたり
いい時間を過ごせました
元気で読み進められたことに感謝です

意外に面白く読めたのは朝井リョウさんの随筆『風と共にゆとりぬ』です
特に病院関係の話が赤裸々で
苦しくともユーモアを失わないサービス精神はさすがにプロ!
よくぞここまで書かれたと感心、
同情しつつ笑ってしまいました
申し訳ない

〈その他10月に読んだ本〉
・『甘露梅』『酒田さ行くさげ』『蝦夷拾遺 たば風』『為吉 北町奉行物語』 宇江佐真理

・『世界音痴』 穂村弘

・『だいこん』 山本一力

・『虹色のチョーク―働く幸せを実現した町工場の奇跡―』小松成美
テレビのドクメンタリーで誰もが生き生きと働くチョーク工場の取り組みを見て本を読みました

 
 | ホーム |  page top