5月に読んだ本

印象深い本を読みました
『太陽の棘』 原田マハ
戦後の沖縄に赴任したアメリカ軍の精神科医と沖縄芸術村の住民たちとの出会いと響きあい
敗戦にもつぶされなかった芸術村の住人たちの
ほとばしるエネルギー、
プライドと怒りと悲しみ、
理解できることと理解しえないこと・・・
読後複雑な気持ちになりました

もう一冊は
『翼がなくても』 中山七里
オリンピックのホープとして練習に励むアスリートが
交通事故にあい片足を失う
そこからパラリンピックをめざして再び立ち上がる
交通事故の運転者だった隣家の幼馴染の若者が死亡するところから
ミステリーの要素も加わる
犯人はアスリートなのか?

〈その他に読んだ本〉
・『街道をゆく㉙ 秋田県散歩、飛騨紀行』 司馬遼太郎
・街道をゆく㉚ 愛蘭土紀行1』

・『彼女に関する十二章』 中島京子
なんか読んだことがあるような?とおもいつつ最後まで読んでしまいました

・『平凡』 角田光代
短編集
今の自分でないもう一人の自分がいるとしたらどんな人生を送っているだろうか?とか
過去のどこかで違う道を選んだらどうなっていたか?
など考えてしまうことがテーマになっていると思う
過去に自分を不幸にした
例えば別れた夫、恋人の新しい女などを
呪ってしまうことはないだろうか
不幸でいてほしいと呪うことは自分をも不幸にするのではないか
幸福を願うとまで言えなくても「平凡」でいてほしいと思うという
『平凡』のなかの言葉に納得する

・『海へ』 南木佳士
作者と思われる精神を病んだ医者が
海辺の旧友の医者の家を訪ねる
そこでの少女との出会いで元気づけられる
いつもの同じようなテーマですが
苦しい心のありようが書かれていて惹かれます

・『男のおばあさん 楽しく年をとる方法』 永六輔
「今日は全品二割引き」のチラシに引き寄せられて
偶然入った奈良の古本屋で購入した一冊です
「老いも病気も笑い飛ばす」永さんの強さに励まされました

なつかしの六甲道

170521n.jpeg

昨日は六甲道のギャラリーへ絵手紙展をみにいきました
久しぶりの遠出で体力が心配でしたが
気分もよく疲れも感じませんでした
きっと拝見した絵手紙に力をいただいたからでしょう
何時拝見しても新鮮で勉強になります

六甲道は昔よく遊んだ友と何度も待ち合わせした思い出の駅です
ある日はここから六甲山へ行ったのでした
六甲山ホテルの喫茶室でお茶して
緑の景色をスケッチしたのも覚えています
そこから・・・高山植物園い行ったのだったかしら?
牛乳パックに絵を描くことを教えてくれたのも彼女でした
ほかにもいろいろ教わったこと多かったなぁ
あの頃は今より燃えてたかな
今は牛乳パックに絵を描くこともほとんどしなくなったけれど
またやってみよう
せっかくいただいたアイディアのたねを干からびさせてはだめ
続けなくてはね
育てなくてはね

ちょっと弱り目

170514e.jpeg
2回の摘み取りで、収穫終了です
「今年は少ないな」と夫
でも少しでもできたら嬉しいです
お楽しみの豆ご飯はまだ炊いていません

というのは
私、のどの腫れでダウンしていました
最初は痛くて少量の水を飲むのも泣きそうでした
いくつになっても、痛みに弱いのです
ほんまに情けなや
今回
「ごっくんと普通に水が飲めるって
有難いことだったんだ」
とわかりました
2つ目の病院でリンパ節炎と言われました
病名がわかって落ち着き、
薬も効いてきました
一週間たち、7割がた回復し
絵手紙をかく元気が出ました
強い薬のせいか胃がかなり弱って
口は欲しいのに胃が言うことをきいてくれません
なので豆ご飯食べられるまでにはもう少しかかりそうです

全国大会までには元気になるぞ!

こどもの日

170505k.jpeg
こどもの日なので
はるか昔の幼いころのことなど思い出しています

安心して子育てのできる社会でありますように
子どもたちの夢が大切に見守られますように
澄み渡った今日の空のように
子どもたちの未来が洋々と輝いていますように

4月に読んだ本

・田部井淳子さんの本を2冊読みました
『人生、山あり時々谷あり』
田部井さんの生きる姿勢に感動しましたそして
『再発!それでもわたしは山に登る』を読みました
がんが再発した田部井さんはできるだけ今までと同じ生活を続けようと決意します
講演活動や登山、ボランティアなど多忙なスケジュールをこなしながら
がん治療を並行してやっていく様子が日記の形で綴られています
強靭な精神力でやり切っていくのは田部井さんだからできることだなとおもいました
しかし、平凡な私にも勇気と励ましをくれました
「もっと楽しんで、自分のできることを精一杯やっていこうよ」
と背中を押されたような気がします
「としだから」を言い訳にしないで頑張っていこうとおもえました

・『本バスめぐりん。』 大崎梢
図書館の本の巡回バスの話です

・『たった、それだけ』 宮下奈都

・『路地裏のほたる食堂』 大沼紀子
教育実習で地元の中学に帰った主人公が同じ教育実習の同級生と共に
“缶猫”事件猫が缶に入れられ放置されるという事件の犯人を探る

・『たんぽぽ日記』 みつはしちかこ

・『街道をゆく』は「㉗因幡・伯耆のみち」と「㉘耽羅紀行を読みました」


今日、『街道をゆく』読書仲間と一緒に
㉔のなかの「奈良散歩」の道、
二月堂辺りを散策してきました
若葉がきれいな道をゆったり歩きました



 | ホーム |  page top