3月に読んだ本

170331k.jpeg

・『あきない世傳 金と銀』シリーズ3作目が出ましたので早速買ってきて読みました
いよいよ幸が商いの才覚を発揮しはじめ「いいぞ~」と楽しみに読んでいきました
ところが終盤になって「奔流編」の名の通り、
進むべきか退くべきか切羽詰まったところで終了でした
ああ~次巻の発売が待たれます

・『神奈備』 馳周星
低気圧が2つも通過する雪山に神に会いにのぼっていく少年と彼を助けようと探す強力が
厳しい自然に挑んでゆきます
全編息詰まるような緊張感で一気に読みました
薦めていただいて読んでよかったです

・『街道をゆく 24 近江散歩、奈良散歩』 『25 中国・閩の道』 『26 嵯峨散歩、仙台・石巻』
読んでいきたいところがたくさんできました
彦根城を見たいし、近江八幡で舟に乗りたいし
東大寺あたりを散策するのもよし
渡月橋も渡りに行きたいし・・・
『街道をゆく』を薦めてくれた絵友さんの後を追うように読んでいますので
感想を話し合ったりしています
「まず春は奈良へ行きたいね」と話しています

<そのほか3月に読んだ本>
・『おれのおばさん』 佐川光晴
 父の横領事件のため東京の名門中学からおばさんの運営する児童肝児童養護施設で暮らすことになった陽介。パワフルなおばさんや仲間たちとの暮らしの中で成長していく姿が頼もしい

・『きょうはちょっとついてないだけ』 伊吹有喜
“ついてない”さんがリレーのように出てきます
それぞれに不器用にしか生きられないのですが
自分の納得できる生き方を見出していけそうな明るい明日が予想できて
うん、これでいいのだ~とほっとする本でした

・『七色の毒』 中山七里

・『のろのろ歩け』 中島京子

・『無名人のひとりごと』 永六輔

・『老いのさわやかひとり暮らし』 吉沢久子


靴底事件

170330m
モクレンとコブシの花の違いがいまだに判りません
たぶんこれはモクレン?
良い天気に誘われご近所散歩です
久しぶりに東を向いて歩き見つけました
もう満開で
なんだかそれだけで嬉しくなりました
馬酔木の花も満開で一枚スケッチしました
調子よくまだ東を目指し・・・・
ところが事件です
靴底がペローンと大きくはがれてしまいました
危険です
仕方がないので靴ひもを底に回して応急手当
なんとか歩けるので引き返しました

「早う帰ってきたんやな」という夫に
靴を見せると
「ゴムのり買ってきてなおしてやるわ」と言ってくれました
まあ、ありがたいこと!
あ~~でも内心は
(春だし新しいウォーキングシューズかってもいいかな)って思ってたの



マンサクの花

170329m.jpeg
「朝陽に照らされてマンサクの花がきれいよ」
と教えてもらって急いで描きに行きました
ほんとうに、花弁が光をはなっているかのように明るかったです
描くとこんがらがるのですが
この独特の形、好きだなぁ
この日は寒かったので3枚描いて引き上げました


3月は絵手紙展2か所に伺いました
どちらの展もお人柄や絵手紙への想いが感じられ
素晴らしく、感動しました

一つの展で、
「ああ、こんな線がひけたらなあ
こんなかき方もあるのだ」
と吸収するものが多くあり
またもう一つの展でも
「こんな力強い線が引きたいものだ
こんな色が出したいものだ」
とため息がをつく思いでした

「自分の線をみつけたいね」と友と話しました
まだまだ先の長い絵手紙の道です

とれたてブロッコリー

170326b.jpeg
畑の春野菜収穫一番乗りはブロッコリーです
5個収穫して4個はおすそ分け
夫の頑張りが入ってる分だけ
美味しく味わいがある気がします
2月中旬から風邪、胃痛となかなか体調が戻りませんでした
やっと元気になって、物が美味しく感じられます
でもここで自重しなくて逆戻り
「腹八分目」と自分に言い聞かせています


街に出て絵友さんと待ち合わせ
展を見て感激し元気アップ
ぶらり街歩き
ちょっと見るつもりがお安さにひかれ服買っちゃいましたよ
マグロ丼のお昼はほんまに美味しかった
友が手配してくれていた秋田行飛行機の予約券いただきました
全国大会・秋田観光、期待が膨らみます

姫路へ

170320h.jpg
体調が回復し「米朝展」の最終日に間に合い
20日に姫路へ行ってきました

ボンネットバス型のかわいいループバスに乗って
歴史博物館前まで行きました

生い立ちから落語家になるまでの苦労
落語家としての活躍
たくさんのお弟子さんを育てたこと
落語以外での活動なども紹介されていて
内容が濃く興味深かったです
 司馬遼太郎さんのお礼状
 吉井勇の書
 一門会のポスター
 法被や手ぬぐい・・・
まあ、中学の通知簿まで展示されていました

本当にほんとうに落語がおすきだったこと
俳句をはじめ趣味も広く
人間的にも大きな方だったこともわかりました

白い姫路城がくっきりと空に浮かび上がる姿は
美しく神秘的な感じでした
桜のころはもっと美しいのだろうと思いながら駅まで歩きました

友人に「きれいよ」とすすめられていた好古園に
今回は寄れませんでした
また機会があれば行きたいものだと思います

元気もどる

170205h.jpeg

ようやく風邪がなおりました
インフルエンザではなかったのはよかったですが長かった~~
咳は三週間ばかり続き参りました

体ならしに散歩に出たら
わりと体が楽だったので
「うんこれならお出かけも大丈夫」と自信がもどってきました

絵友さんに連絡してみようかな
 | ホーム |  page top