中之島散歩①②③

中之島へ出かけました
目的が3つありました
①風景印
北浜でおりて先ず北浜郵便局へ
暑中見舞いに風景印をお願いしました
ここの印はライオン橋がデザインされていて好きなんです

さて、ハプニング
局に着くころから空模様があやしくなって
ゴロゴロ、ゴロゴロ、ピカッ
ビルの向こうの空に稲妻が走って
おおこわー
足がすくみます
大急ぎで中之島公会堂のレストランへ
レトロな雰囲気が落ち着きます
雷が過ぎるまで予定外のティータイムです
ケーキセット食べ終わると外はもう日が照ってホッ

②三好達治の詩碑
庄野潤三さんの小説に、大阪出身の三好達治さんの詩碑が公会堂の近くあると書いていました
何度も中之島へは行きましたが碑を見た覚えがありません
そこで碑をぜひ見てみたいと、探しました
公会堂から川沿いの遊歩道へおりてすぐ見つかりました
150730n2.jpg
「乳母車」の詩です
若い時はこの詩を暗記して、胸ふるわしたものでした
150730n3.jpg
詩碑の裏です
150730n1.jpg

③今日のメイン、空色工房へ
長谷川義史さんの2016年カレンダー原画展が開かれています
先客が5人ほど
元気いっぱいの絵が迎えてくれました
自然に顔がほころんできます
それに絵についているコメント(つぶやき)が
ユーモアたっぷり
吹き出しそうになりながらみました

①②③全部うまくいった中之島散歩
川風に吹かれながらいい気持ちで帰路につきました

暑中見舞い

150729su.jpg
今年は暑中見舞いを出すぞ!って
いろいろ考えたのですが
何のアイディアも浮かびません
そんな時
グーちゃんさんがスパッタリングで
うちわを浮き出させた絵手紙をアップされていました
とっても涼やかで素敵でした
私も真似してスパッタリングでやってみようと思いました

でも、何もデザインが浮かびません
そこで、『切り紙ブック』(いしかわ☆まりこ 日東書院)
の本などをヒントになんとか作ってみました

スパッタリングって結構時間かかりますね
そのぶん心もこもってます(*^。^*)
日頃ご無沙汰の方へも出せそうです

ミョウガ収穫

150723m.jpg
「ミョウガ出てない?」と聞いても
「何もないぞ」と夫
(今頃でるはずなのにみょうがなあ~)
と思っていたのです
待って待って、ついに
「下の方に黄色が見えたから探したらあったぞ」
と夫が8個収穫してきました
食べるよりまずは描きかきです

<絵画教室>
9時過ぎにのんびり朝食のコーヒー飲んでいて
ふとカレンダーをみたら
なんと今日は絵画教室の日でした
「えらいこっちゃ、時間ない!」
あわてていたら
「洗いもんはやっとくからおいとけ」
と嬉しい言葉
急いで支度して出かけました
ところが今日は
先生が交通渋滞で30分遅れられました
おかげで、落ち着いてきて、心の準備ができました

モチーフはさしと古時計とバラ一本
むずかしいぞ
黒をそのまま使ってしまって失敗
色を混ぜて黒を作るなんてすっかり忘れていました
バラの花の色どうぬればいいのでしょう?

出来上がらなかったので家で仕上げました
150724as.jpg
「たくさん描くことです」
「日課の一部の様にかくことです」
先生の言葉が耳に痛いなあ~(~_~;)

梅雨明け

150714ys.jpg
青空に白い雲
山はくっきり緑が深く
梅雨明け宣言が出ました
うれしいけれど日差しが強い
アツイ~ッ

ひまわりばかりかきました

150719hm.jpg

市民講座7月

150714yh.jpg
台風が過ぎて青空を期待しましたが
今日も曇り空です
梅雨明けはいつでしょうか?
今年はご無沙汰している方へも
暑中見舞いを出してみようかと思っています

<市民講座7月>
今月は「はがき絵で暑中見舞い」でした
お手本があるところが絵手紙とは違います
4枚描きました
150717h.jpg
これはこれで面白いです
でもお手本を見て描くのは苦手だわ
自分には合ってないです

<布ぞうり>
布ぞうり3足目4足目出来上がりました
150719n.jpg
まずまずだと自分では思っています
もう一足ぐらいは編みたいといます

ハマナスの実

150710ha.jpg
先週の散歩でスケッチしたのを墨でかきました
励ましたいなと思う若い子を思って
この言葉をかきましたが
はげまされたらしんどいかもね
黙って見守る方がいいのでしょう

今日は友人とランチの予定でしたが
台風11号が心配で中止になりました
雨も風も激しくて、
中止にして正解でした

仲間がいるから

150714yr.jpg
昨日は絵手紙教室の日でした
お休みの方もあって、人数は少なかったけど
おしゃべりも楽しく、調子が出て7枚もかけました

おしゃべりを聞いて
「それいいわ、いただき!」
と言葉を取り入れて書きました
このリンドウの言葉「がんばるしかないねえ」も
先生がほかの方としゃべっていらした言葉です
「先生、それいただき!」っと書きました

「ひとりだと言葉が出ないけど、しゃべっていると自然と出るね」
とみんなも盛り上がりました

一人でできるから絵手紙が好きなんだけれど
仲間がいて言葉も世界もひろがるのですね

仲間がいて教えられることが多いです
花の名前もね
絵友さん、ブログの友から教えてもらうことが多いです
公園で見つけたこの花、よく見る花
でも名前が分かりません
150715ll.jpg
そうしたら花いっぱいのしーちゃんさんのブログに写真がのっていて、名前が分かりました
「レインリリー」という名前なんですね
そそっかしい私は
「分かったわかった~レインツリーね」と間違えたんだけれど
「レインリリーよ」ってしーちゃんさんに教えてもらいましたよ
ありがとうございます
名前が分かって嬉しいうれしい



人物を描く

水彩画教室の日でした
一人15分ずつモデルをつとめて描きました
人物は難しいです
大きさの割合や、中心線や骨組み関節などを考えて描くことを教わりました
手が小さくならないようにこころもち大きめにと注意もありました
後で自分の描いたのをみると
なるほど、手や腕が小さくバランスがとれていなかったです
150710kj.jpg

これは3枚目、少しましかな?

私もモデル体験です
皆さん優しくて
若く、かわいく描いてくださいましたよフフフ

<布ぞうり作り>
布ぞうり2足出来上がりました
150710nu2.jpg
鼻緒はもっとかかとより長くする方が良いと
夫の注文がつきました
姉も「編んでるよ」と言っていたので
よけいに張り合いがでます

ハマユウ

15079hy.jpg

散歩絵手紙はハマユウです
この日は風景印をもらいに本局まで歩きました
さらに南下、川沿いの公園まで遠出しました
ハマユウが咲いていました
細く白い花びらが優雅です
花の多い公園です
二枚描いたら天気が怪しくなってきました
スタコラサッサ、汗かきかき帰りました

帰って調べるとハマユウの実は玉ねぎ状になるんだそうです
また時間をおいて観察に行こうと思います

風景印はしばらく休んでいました
月に2~3回は風景印めぐりにいけたらと思います

公園の梅の実

15078um.jpg
公園の入り口近くの目立たない場所に梅が一本あります
小さい木なのに実がいっぱいでした
蚊の攻撃に耐えながらスケッチしました
それを帰ってからゴシック筆でかきました
ところで
実はこれからどうなるのでしょうか
公園課の方がちゃんと収穫するのでしょうか?
もったいないほどおいしそうな実でした

<不正投稿?>
最近よくコメントを入れたとき
「不正投稿です」と出てきます
自分のブログでも、訪問先のブログでもです
「なんで叱られるんや~}と
あわててもう一回入れます
すると、二回とも入っていることがあります
どうなってるんやろ???

豆ごはん

15062ah.jpg
公園に行ったとき描いたもの
アジサイの色が行く度に変化するので
楽しみです
まだあたらしい花を描きました

こちらは別の小さな公園の隅のアジサイ
150615a.jpg
少し前に描いたものです
この前見たら、
樹木の剪定のとき一緒に
花が全部切られていました
もたいないなあ~と思うのは
“見るだけ人間”の勝手かしらね

<思いがけなく豆ごはん>
七夕なのに雨です
散歩も休みです
布ぞうり作りに夢中になっていたらお腹がグー
お昼近くでした
夫が干物を焼いてくれていました
「豆ご飯も炊いたぞ」
思いがけないごちそう昼ごはんになりました
夫の豆ごはんの豆は鮮やかなグリーンです
「どうしたらきれいな色に仕上がるか」という
夫の“うんちく”に敬意を表しながら
美味しくいただきましたよ
干物はお姉さんからの今日届いた宅急便
豆は二番目のお姉さんから届いて冷凍にしていたもの
それに、うちのキュウリです
ウンウンいいね

ツバメの巣

15065mt.jpg

ミディトマトがぼちぼちとれだしました
とれたては味が濃くて美味しいです

<ツバメの巣>
昨日の散歩でスイ―とツバメが飛んだので
みると巣がありました
三つ子ちゃんが仲良く並んでいました
体は黒くてかなり大きいので
もう巣立ちも近いのでしょうか
少し歩くとまたツバメがツイ―と
そこの家にも巣がありました
こちらはさっきより小さい子でした
一駅分歩く間に2個も巣を発見
ラッキーな気分でした

今度はドンドコドンドコ
お腹に響く音が聞こえてきました
見ると神社に櫓がたっていて
小学校低?中?学年くらいの小さな子が
力強いバチさばきでたたいていました
飾りつけの準備をしている若者もいました
夏祭りが近いのでしょう

この日は蝉の抜け殻が葉にぶらさがっているのも見つけました
「根性抜け殻だ、
去年からぶら下がってるのか?」
と思ったのですが
今日散歩のときに蝉が鳴いていたから
今年の殻かもしれません

弁当買った

15063m.jpg

<弁当買ったこと>
一駅向こうまで歩こうと表まで出たら
やはり雨が降っていました
「よし今日はおうち遊びだ」と引き返しました
布ぞうりの2足目の編み布の準備を始めました
夫はとれ過ぎたキュウリを漬物にしています
気が付くと1時前になっていました
「弁当をかってくるか」と夫が買いに行ってくれました
わたしはちらしずし、夫は幕の内弁当

「のど詰まるからインスタントみそ汁つくるわ」と私
すかさず夫は
「のど詰まるからビール飲むわ」

まあいいけどなんか一本取られた気がする

ぼっけえボケの実

150604b.jpg
2年ほど前に絵友さんからボケの実の絵手紙をもらいました
熟して乾燥したものだと思うのですが
その色合いも形も面白く興味を持ちました
ボケの花は好きですが実は見たことなかったのです
それからボケの木を見るたび気になっていました
そして、朝散歩でついに発見
一か所は公園の隅に
そして、2回目の遭遇は
団地沿いの植え込みで
勢いのよい葉の茂みに隠れるように
いくつも黄緑色の実がついていました
花梨ほどの大きさの実です

ぼっけえ(とても)
おおけえなあ(おおきいなあ)
と驚きました(岡山弁です)

どうして今まで気づかなかったのでしょう
見てもみえてなかったのでしょう
熟すのはいつごろでしょう
見守っていくことにします

描いていると蚊がわんさか寄ってきました
2~3か所さされました
油断大敵
散歩に防虫スプレーの季節となりました

6月に読んだ本

本を読むと、そこに本のことがかいてあったりして、
出てきた本をまた借りてきて読む
そんな風に読書世界が広がっていくのも楽しいです

庄野潤三さんの『ピアノの音』を読みました
穏やかな明け暮れを淡々と綴っていて、
読む私も穏やかな気分になります
家族や周りの人々、また植物や生き物などが
愛いっぱいの眼差しでかかれています
「よろこぶ」という表現がよくでてきて、
幸せ感が伝わってきます

奥さんが『ドリトル先生」シリーズを読んでいると書いてあったので
私も興味をもちました
『ドリトル先生アフリカへ行く』
角川つばさ文庫ヒュー・ロフティング作河井祥一郎訳
子供向けに訳された本で面白く読みました

<その他6月に読んだ本>
・『おくのほそ道(全)』角川書店編 ビギナーズクラシックス日本の古典

・『窓から逃げた100歳老人』ヨナス・ヨナソン
老人ホームの窓から逃げ出した100歳の老人が
ひょんなことからギャングの大金を盗んで逃避行
警察とギャングに追われ「なるようになるさ」と
スウェーデン中を逃げ回る
このアラン老人爆弾の専門家で
歴史上名だたる各国要人とわたりあった過去をもつ
これは解説にかかれていたように
「すばらしきでたらめ小説」であります
たのしめること請け合いです

・『神様のケーキを頬ばるまで』彩瀬まる

・『夕映え天使』浅田次郎

・『ようこそ、わが家へ』池井戸潤
まじめで小心者の倉田が駅のホームで
電車への割り込みを注意したことから、
恐怖のストーカー被害にあう
家族で協力してストーカーに対抗していく
一方倉田は銀行から出向したメーカーでも
不正疑惑を追及したために苦しい立場に追い込まれていく
解決の道は開けるのか・・・

・『あつあつを召し上がれ』小川糸

<このほか絵を楽しみながら読んだもの>
・『あなたに見せたい美しいもの』 ひがしのようこ絵と詩

・『熊谷守一 画家と小さな生きものたち』林綾野
 | ホーム |  page top